中山正男

年表



トップページへ
追悼集 人物集 15年史 馬喰一代 その他
明治44年1月26日
   北海道常呂郡佐呂間村中佐呂間で中山米市の長男として誕生。
昭和六年11月・20才
   専修大学専門部法律科中途退学
昭和10年3月・24才
   陸軍省報道部の指導雑誌社「陸軍画報社」 の社長に就任。
昭和17年10月・31才
   陸軍次官通達名で東南アジア各戦跡の視察。
昭和20年八月・34才
   終戦と同時に陸軍画報社を解散
   昭和26年6月までG項該当、公職追放をうけた。
   この前後、山梨・千葉で疎開生活をつづけた
昭和24年5月・38才
   小説「馬喰一代」発表。
昭和25年二月・39才
   東光石油株式会社取締役社長に就任。(31年11月辞任)
昭和25年10月・39才
   小説「馬喰一代」、大映により映画化さる。
昭和26年10月・40才
   日本ユースホステル協会を創設、副会長に就任。
昭和37年4月。51才
   学校法人・大東文化大学理事に就任。
昭和37年11月・51才
   ユースホステル運動功労者として宮中園遊会に招待さる。
昭和39年5月・53才
   理研映画株式会社取締役社長に就任。
昭和39年4月・53才
   ドイツ協会からリヒアルトシルマン・メダルを授与さる。
昭和40年6月・54才
   財団法人日本ユースホステル協会・会長に就任。
昭和41年3月・55才
   青年の船の実現方を佐藤栄作首相に提案。
昭和41年5月・55才
   文化使節団14名の団長として中華民国を親善訪問。
昭和42年二月・56才
   映画「日本人ここに在り」事前打合せのため南北米旅行。
昭和42年11月。56才
   藍綬褒章を授与さる。
昭和43年3月・57才
   日比友好の映画製作のためフィリピンを訪問。
昭和43年5月・57才
   訪韓文化使節団20名の副団長として韓国を訪問。
昭和43年9月・57才
   財団法人自転車道路協会・会長に就任。
昭和44年10月22日・58才
   死去 勲三等旭日中綬章を授与さる。

 著書・昭和14年以来「脇坂部隊」「一尺の土」「戦争の足」「他兵美談集」「戦跡の葉」「馬喰一代」「続・馬喰一代」「無法者」「一軍国主義者の直言」「につぽん秘録」「次に来る旅人のために」「花をたむけてねんごろに」「毒舌一代」「赤い太陽」「日本人ここに在り」等の著作をなし、「馬喰一代」はじめ十三本の作品が映画化された。
古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
このサイトに関するお問い合わせは、『風のたより』 までどうぞ